編み物始めました

「岡山県医療非常事態宣言」が解除されコロナ感染者も全国的に減少傾向になってきました。
景色も少しづつ春めいてきています。

自粛の中、テレビCMで「花モチーフ」を見て早速キットを注文しました。
昔は編み物が好きで手袋やセーターなど沢山編んでいました。
最近は手編みのセーターなど着る機会もなくすっかり忘れていた趣味ですが、本を見ながら
一目づつ編んでいるとあっという間に時間も過ぎていきます。
初めて知る編み方もあり難しいですが出来上がったモチーフが可愛いのでとても楽しいです。
次はどんなキットが来るかも楽しみです。
(スタッフ 土屋)

高いんじゃない?マンションの修繕積立金。

ズバリ言います。マンションの修繕積立金の適正額は1㎡あたり月額200円前後(新築分譲後、現在まで均等方式で積み上げた場合の額)と言われています。

ただ、立体駐車場や特別な共用設備がある場合、マンションの高さや広さ、敷地の広さ等で修繕積立金、管理費が変わってきます。

大概は分譲しやすくするために初めは修繕積立金を低く設定した段階方式をとっており、買った当初より徐々に高くなるマンションが多いようです。

なので修繕積立金は新しいマンションほど安く古いマンションほど高い場合が多いといえるでしょう。

現在いくらの修繕積立金があるかは、管理組合や管理会社に問い合わせれば教えてくれます。

経過年数と修繕積立金がそのマンションの状況と照らし合わせて少ない場合はマンションを売る場合にも価格が下がりますし、今後修繕積立金の増額も考えられますので確認しておいた方がいいかもしれません。

最後に愛は勝つ?

今年も残すところ8日。昨年の12月23日の手帳を開くがコロナのコの字も見当たらない!なのに1年後の今日、こんなにも生活が一変している。たった一つのウイルスが世界中に与える影響の恐ろしさを思い切り見せつけられた1年だった。経済悪化もさることながら、体と心にダメージを与え続ける破壊力が空恐ろしい。TVをつけると同時に五感に飛び込むコロナ情報は、恐れ、疑惑、排除を生みやがて無気力や絶望に変わっていく気がする。

こんな中でもアニメ「鬼滅の刃」が爆発的に人気を呼び、私も一席とばしの劇場に観に行った。ドクドクと血が溢れ、おどろおどろした鬼が暴れまわり、幼い子にこんなの見せていいのか?と思ってしまうようなシーンの連続なのに、心が熱くなっていくのはなぜか。
想うに全編を通して底辺に流れているのは「愛」であり、どんな苦難や窮地にあっても主人公竈門炭治郎の真実、いたわり、どこまでも許し続ける気持ちが鬼たちの最期に宿る真実の涙となり、観るもの皆が共感するからではないだろうか。
「北風と太陽」という皆良く知っている(?)イソップの童話がある。旅人のマントを脱がしたのは、冷たい北風でなくポカポカの太陽だった、というお話で「鬼滅の刃」とは無縁のようだがなぜか同じ心を感じてしまう。
この思ってもみなかった人類史上最大のコロナ禍、はたして「最後に愛は勝つ」のであろうか? 
2021年が安堵と希望の年になるよう心から、心から、祈ります。

ご家族登録制度(サービス)ご存知ですか?

こんにちは!
2020年もあと1ヶ月少々ですが、暖かいですね!

さて生命保険の「ご家族登録制度(サービス)」をご存知ですか?

契約者が万一保険会社と連絡が取れない場合に、契約者の代わりに家族が契約内容等確認することができる制度(サービス)です。契約者の代わりに出来ることとしては次のような事です。

□契約内容の問い合わせ(保障内容の確認等)
□契約内容の変更書類の送付依頼
□災害時重要な情報を保険会社が伝えるために、契約者に連絡が取れない場合に登録の家族に連絡

もし登録していなければ、保険会社はご契約者本人でないと上記のような事も対応できません。
なお、それぞれ保険会社により「規定」があるので、ご加入の保険会社にお問い合わせください。

10月後半の休日に久しぶりに遠出し、伊丹空港の近くで飛行機を見てきました。
偶然に「TOKYO2020」ペイントの飛行機を見ることができテンションがあがりました(^-^)
来年は新型コロナも落ち着き、みんなで笑顔でオリンピックを楽しめるといいですね!

スタッフ 寺岡 秀明

お人柄を感じる絵画です。

皆さまこんにちは。
秋の気配を感じる季節となりました。秋といえば「食欲の秋」「芸術の秋」
ですが、今回は「芸術の秋」についてです。
 当店では、月替わりで絵画を楽しんで頂いております。
と言うより、私たちが毎月楽しんでます(^^)/
80代男性のお客様が今までに書き溜めた「水彩画」を、季節に添った作品と毎月
入れ替えに来てくださいます。
すごく優しい気持ちになる、お人柄が伝わってくる作品です。
今月は「うるめとすだち」 
日本酒を「1本浸けて!」と思わず言いたくなりますね。
風景画もたくさん描いておられ、こころが「ほっこり」する作品ばかりです。
ご来店の際は、ぜひともご鑑賞くださいませ。

ハマってます

9月に入って暑さが和らぎ、過ごしやすくなってきましたね。
コロナの感染者数も幾分減少し、一時と比べると落ち着きを取り戻しつつあるように思います。
まだまだ油断大敵ですが…。
ステイホーム中、塗り絵を始めてみました。
絵を描くのは大の苦手なんですが、塗り絵は子どもの頃から好きでした。
今は「大人の塗り絵」も人気だそうで、書店などに行くと’大人の塗り絵コーナー’には目移りするくらい沢山並んでいます。
塗り絵はストレス解消、リラックス効果、イライラや不安感の鎮静、自律神経を整える効果などがあるそうです。リラックスできるので寝る前に塗り絵をするとよく眠れるとも言われています。
私も毎晩少し塗り絵をするのが楽しみになっていますが、塗り始めるとついつい熱中してしまい…肩こりがひどくなってしまうことも(^^;
子どもが学生の頃に使っていた色鉛筆。残り少なくなったら170色の色鉛筆を買いたいな♪
(スタッフ 寺岡明子)

違う夏

8月も残り10日
猛暑とコロナ報道の毎日
去年まで当たり前のことだった夏祭り・花火などのイベントも軒並み中止になり
周りの子供たちは海やプールにも行けず、暑すぎて外で遊ぶこともできず...
少し寂しく短い夏休みのように見えました。

そんな中、せっかくの「go to トラベルキャンペーン」なので県内で楽しもうと
蒜山に行ってみました。
天気は少し悪かったのですがキャンプをする方達が意外と多くホテルでは心配していたほど多くの人と会うことはありませんでした。
広い草原、気持ちの良い空気...
のどかで平和に見える蒜山でもどこかへ入る時、何かをする時、常に消毒・検温です。
孫たちは久しぶりに解放され、放牧された牛のように喜んで草の上を思いっきり走り回っていました。
私は・・・
コロナに感染しないように気配りをしながらの旅行はいつも以上に疲れる旅行になりました。・・・みんな楽しそうだったからいいかな。

心から楽しめる旅行に行ける日が早く帰ってきますように!
(スタッフ 土屋修子)

結局どうなの?GoToトラベルキャンペーン

参照:国土交通省ホームページより
▼旅行者向けサイト
https://goto.jata-net.or.jp
▼事業者向けサイト
https://biz.goto.jata-net.or.jp

つまり
1泊の旅行なら上限2万円、日帰り旅行なら上限1万円。
7月22日~8月31日までは旅行代金の35%の割引。
9月1日からの旅行ならさらに旅行代金の15%分の現地で使えるクーポンが貰える。

(現在サイトから9月1日からは削除され10月1日からに書き換えられました。)
と言う話です(東京都在住の方と東京都を目的・発着する旅行は対象外)。

1/2の話が先行していますが8月31日までの割引は35%なのでご注意ください。
とはいえ新型コロナウイルスがなければ本当にお得ですよね。

新型コロナウイルスを広げないためStayHomeか、経済を回すためGoToか。
結局政府としてはどちらも責任がもてないから国民に判断をゆだねた感は否めません。

私自身は本当に悩ましい所ですがうちには小さい子供がいるので連休は自粛しておりました。
せめてクーポンも貰えてお得な9月までに新型コロナウイルスが収まってくれれば家族でどこか行きたいな・・・。

(スタッフ 振角信彰)