放置してたら10万円徴収されるかも!!(所有権等の登記の義務化)

お父さんから土地を相続したけど所有者の変更してない!とか
引越ししたけど住所変更してない!とか普通に行われていますよね。
確かに今までは所有権に関する登記は任意だった為大丈夫でした。
しかし

2024年から
相続があった事を知った時から3年以内に登記をしないと正当な理由がなければ10万円以下の過料が課せられます。

2026年から(予定)
住所変更や氏名の変更等があった時から2年以内に登記をしないと正当な理由がなければ5万円以下の過料が課せられます。

法律改正の理由は、現在九州本土(36,780 km²)に匹敵する面積の所有者不明の土地があり、これは日本全土(378,000 km²)の約10分の1となり、このような土地は公共事業が行えない、固定資産税の徴収先がない、ゴミ屋敷と化す、スラム化して治安が悪くなる、と悪いことだらけになってしまうからです。

しかし行政は5万円や10万円の過料が目的ではありませんので登記の負担軽減策(簡単に登記したことになる)や相続土地国庫帰属法(略称:国に土地をもらってもらう)も準備しています。
それらを上手に活用して無駄なお金を払う事がないようにご注意ください。